冷え性

  1. 綺麗への道は体熱のこそあり

    人間の体は体温が36.5℃であれば健康体で免疫力も旺盛なのに、35.5℃になると排泄機能の低下や自律神経失調症、アレルギー症状などがあります。これは、低体温、すなわち冷えが起こると、体にさまざまなよくない症状が表れることを意味しています。…

  2. 冷え性

    ストレスでも、肝機能が低下し、手足が冷える事もあります。そんな時は、手先や足先を温めるだけで…

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP