ライフ

親子でも愛情に対する考え方・適性は違う

誰でも自分の両親は優れた人であり、何不自由なく育ててもらったと思いたいでしょう。
幼い頃はそう思っていたけれど、両親も決して完璧ではない普通の人間だったということを、だんだん大人になるにつれて学んでいきます。
私たちはそうした中で少しづつ自我というものを育てていくのではないでしょうか?
今現在親が離婚することを目の当たりにしている方。
私たちが心に留めておかなければいけないことは、例え親子であっても愛情に対する考え方や適性は決して同じではないということです。
純粋に両親が離れ離れになるということだけでも辛い事です。
しかし、いつか自分も両親のように離婚してしまうのか。まともな生活をおくることができないのか。といった漠然とした不安感です。
しかしそれは違います。父親が事故をしたからといって自分も事故にあう。同じ過ちをおかすとも言い切れないでしょう。それと同じです。
私たちは両親をよいお手本にできなかったとしても、よい反面教師とすることはできるのです。
優れた両親を得られなくても、自分の人生をよりよく生きるための方法を考えるきっかけになるのです。この最高の参考書を生かすも無駄にするも、全て自分次第ということなのです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. セックスレス
  2. 家でよい子を演じ、学校で発散する子供
  3. ガソリン代節約のコツ
  4. 夫婦間のあれこれ
  5. 嘘をつく子供
  6. 妻たちのやりくり
  7. 生理前や自分の機嫌が悪い時に叱る回数が増える
  8. 夫が動いてくれる法則①

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP