ライフ

義母と叱り方の方針が合わない

孫がかわいいからなのでしょうか。子供に非常に甘いおばあちゃんや、逆にしつけに厳しいおばあちゃん。とくに同居の場合などとくに、母親にとっては頭痛の種になるでしょう・・。しかし、義母とのしつけの一貫性については、そう悩む必要はないのではないでしょうか?

例えばおばあちゃんがなんでも買ってあげるとしても、【おばあちゃんに買ってもらってよかったね。でも今日はお母さんは買わないよ。】と自分なりのしつけをしていいと思います。いろんな人がいて、いろんな反応があるのは自然なことで、それを学んでいくことで子供の心に幅を持たせることが出来ると思います。それに、おばあちゃんが甘いなら、お母さんが逆に意識して子供に我慢させる体験を積ませるのは、しつけのバランスが取れてかえっていいと思います。ただ、おばあちゃんが内緒で子供に何かを買ってあげるということが頻繁にあるのであればそれは考え物です。

できればそこは大人同士が話し合ってお互いの立場を分かることが理想です。おばあちゃんがなんでも優しくするせいで、母である私はいつも悪者だと心配する母親もいます。しかしそれは問題ありません。子供は最後には結局お母さんが一番なんです。自信を持って子供と接してください。

逆におばあちゃんのしつけが厳しいならおおらかに子供に接してあげてください。そして、おばあちゃんが子供が発達的に無理な事をいうようであれば、最近の育児書などをさりげなく見せて、角が立たない程度におばあちゃんの考え方を改めてもらうなどしてみてください。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 生命保険のかけ方を見直す
  2. 働くママは子供を叱ってはいけない?
  3. 子供が爪を噛む・夜尿・夜驚の原因
  4. 男と女の心理の違い
  5. 夫が動いてくれる法則①
  6. 生理前や自分の機嫌が悪い時に叱る回数が増える
  7. ママの悩み
  8. 愛されない妻と愛される妻

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP