ライフ

生命保険のかけ方を見直す

生命保険のそのものの目的は『万が一のリスクに備える』というものだったはずです。
例えば家計を支えている夫が急に亡くなったとき。未亡人の暮らしがなんとか立ちゆくように・・。
あるいは自分が病気になったとき。子供に安心して学校だけは行かせれるように。・・・など。
あまりありがたくないことを想定して加入することがほとんどです。
就職すると初めて保険に入る人もいるでしょう。
説明を聞くほうもひとつくらいは入っておこうという思いがありますから、つい勧誘されるままに契約してしまいます。
確かにひとつくらいは入っておくのはいいでしょう。
ただ、そのときに安心だからという単純な理由だけで実際の保険の仕組みを分からないまま判子を押す人がほとんどです。
本当に自分のライフスタイルにあっているのか、実際得するのか考えた事はありますか??

特約や貯蓄型という名の錯覚 

ひとくちに保険といってもいろんな種類があります。
まず、保険の目的の基本は、①死亡保障②医療保障③老後保障の3つです。
そして、万が一のことがなければ掛け金が戻ってこないものを『掛け捨て型』。満期になれば戻ってくるものを『貯蓄型』。と大きく分けられます。 
掛け捨て型の代表は、契約期間に死亡したときのみ保険金がでる定期保険や医療保険、貯蓄型保険の代表は、老後の保障のための養老保険や個人年金保険など。
最近これらが複雑に組み合わされていたり、『特約』という名でオプションがついているのも増えています。
『特約』は、保険本来の死亡時に支払われるお金の他に、入院保障や事故での怪我を保障してくれる特別契約のことですが、なんとなくとくのような気がしてついあれこれとたくさんつけてしまいがちです。
また、『貯蓄型』という名で満期まで掛けたときに戻ってくる金額が多いとか、入院保障がついても1度も病気をしなかった場合は、生存給付金のお祝い金が、何年に1度まとまってもらえるといった美味しい話もあります。
でも、ほんとうにそれが毎月の掛け金と見合ったものなのか、もし、満期まで払い続けたときにいくら支払うことになるのか、それに対する保険金額がどのくらいになるのか、まず計算してみてください。
『貯蓄型』 といっても保険はもともとお金をためるものではありませんから、支払った額よりたくさんお金が戻ってくるということは死なない限りないはずです。
ですから、保険の損得を考える時は、支払額をどれだけ少なくして欲しい保障を手にいれるかという観点から、保険の見直しをしてください。 
これから加入しようという人は、自分の欲しい保障をきちんと説明して、そのためには毎月の掛け金がどのくらいになるのか、いくつかの生命保険会社から試算をもらって比較するといいでしょう。
生命保険の基本は掛け捨て、これが一番安くて万が一のときの安心を買っているのだという基本を踏まえて見直してください。
わからないことはどんどん保険会社の人にききましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 児童虐待
  2. 働くママは子供を叱ってはいけない?
  3. 気になるけど聞けない夫婦のセックス
  4. 子供をもつカップルの離婚について
  5. 学校の事を話さなくなる子供
  6. セックスレスでも愛がある夫と許せない妻
  7. 男と女の心理の違い
  8. 義母と叱り方の方針が合わない

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP