美容・健康

3倍差がつく化粧水の使い方

透明感の肌とは水分を十分に得た状態のことです。
肌に必要なのはとにかく水分です。常に水分で角質を潤わせて肌の抵抗力を高めておきましょう。これ以上水分が肌に入らないというほど朝はとくに含ませましょう。
化粧水が透明のベールとなり、乾燥や雑菌から肌を守り、透明感のあるみずみずしい肌を生み出してくれます。

☆化粧水の使い方☆ 

○化粧水は手ではなくコットンでパッティングをしましょう。ポンポンと肌を刺激することで新陳代謝が高まり、保湿成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。
○パッティングは年齢×2回パッティングします。
○首からあごにかけての皮膚は顔よりも乾燥しやすく、横ジワが目立つところです。化粧水を塗るときは、胸元→首→あごと下から上に向かって塗り、皮膚をたるませないようにします。
○肌に小じわができていたり、部分的に乾燥する場合は化粧水の重ねづけをしましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 自分で作るナチュラルパック
  2. ベースメイクのつくり方
  3. 生理前になるとイライラしてキレやすくなる
  4. 肌タイプチェック
  5. 厚いまぶたを二重にするにはどんな手術がある?
  6. 痩せるためのカロリー三原則
  7. ビキニで覆われる部分の病気に要注意
  8. ニキビ撃退術

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP