美容・健康

食中毒の原因にもなる悪玉菌

悪玉菌の代表はウェルシュ菌で、たんぱく質を分解して発ガン物質を作ったり腐敗物質を作って腸の老化を促進したりします。

ときには感染性腸炎の原因にもなります。ですからあたりまえのことですが悪玉菌が腸内に増えることはできるだけ避けたいものです。

しかし、ストレスや過労、抗生物質の服用などにより、悪玉菌は増加しています。

例えば激しい口論などをし、ストレスがたまると悪玉菌は一気に増え、ストレスが和らぐと悪玉菌は減るということも言われているそうです。

また、ひどい下痢のあとは腸の内容物が腸内細菌ともども体外に放出されてしまうので善玉菌もいなくなり、悪玉菌が増える可能性があります。悪玉菌を増やさないためにも下痢をしたあとは食事に注意して腸内バランスの調整を心がけたいものです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 婦人科と産婦人科の違い
  2. メイクの上手な仕上げ方
  3. なぜあの人は落ち込まないのか?
  4. 綺麗の突破口はダイエット?スキンケア?
  5. 寝つきと目覚めを良くする睡眠法
  6. タバコのヤニで歯が黒ずんできたら
  7. 成長ホルモンで胸が豊かになる
  8. 洗顔とクレンジングの裏わざ

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP