美容・健康

顔型別 シャドーとハイライトの入れ方

シャドーとハイライトで顔に陰影をつけていくと、自分の顔型を理想とする形に持っていくことができます。参考にしてみてください。

卵型  目の下と鼻筋にハイライトをいれるとより個性的に。額が広い場合には髪の生え際にシャドーを入れる。

逆三角形型  両頬にハイライトを入れる。額の広い部分に濃いめのシャドーを入れ、あごの中央に薄いシャドーを。

丸型  エラの部分と、こめかみから頬にかけてシャドーを入れる。目の下、鼻筋にハイライトを入れる。
四角形  下あごの両側面にシャドー。こめかみ、頬にピンクのチークシャドーを入れ横幅をカバー。T字にハイライトを入れる。

長型  下あごと額の生え際に、輪郭にそってシャドーを入れて、長さをカバー。額中央と鼻筋にハイライトを。

三角形型  Tゾーンと目の下にハイライトをかなり広めに入れる。下あごの両側面にシャドーを入れる。

シャドーとハイライトは、顔の形を卵型に見せる原則にそっています。
しかし、卵型に近づかなければ綺麗になれないというわけではけしてありません。
自分の顔の形を個性ととらえて、その個性を引き立てる立体感の出し方にもどんどん挑戦してみましょう。シャドーとハイライトはできるだけ小顔に近づけるのが目的です。
シャドーの色はベースカラーよりも濃いブラウン系、ハイライトはベースカラーより白いものを入れると、立体感のある小顔が出来上がります。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 唇を綺麗に見せる方法
  2. ファンデーションは肌の保護膜
  3. タレ顔改善
  4. 生理前になるとイライラしてキレやすくなる
  5. なぜ運動が必要なのか?
  6. 綺麗な素肌を作る5つのワザ
  7. 音楽で心の疲労を回復する
  8. 綺麗への道は体熱のこそあり

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP