美容・健康

顔の輪郭を変える為の手術って?

顔の輪郭をかえるといっても、どのような場合にどのような目的で行うかによって術式も違います。
以下で、どのような場合にどのような手術を行うのか説明していきます。

①あごを出す場合

あごを前に出したり、あごをとがらせて全体に細い顔のイメージをつくりたい場合には、あごの前やあごの下にシリコンを入れて顔の輪郭を変える方法がとられています。 この方法では、局所麻酔を手術部位に施します。下唇の付け根を切開し、口膣内からシリコンを挿入します。下あごを切開して下あごから
シリコンを挿入する方法もあります。

②あごを引っ込めたい場合

受け口などであごを引っ込めたい場合には、あごの骨を切って、切った下顎骨を後方に移動するという方法がとられます。この場合には全身麻酔のうえ、口膣内を切開し、骨切り器で下あごの骨を切ります。

③あごを細くする場合

えらが張っている場合などにえらを削って細面の顔にしたい場合には、骨を削ります。
この場合には、全身麻酔のうえ、のみなどで骨を削り、削った骨片を取り除きます。

●注意点
どの方法も術後の顔をデザインするということが非常に大事です。
また、麻酔を施してかなり大きく切開する手術ですので、術後感染を避けるため、術前術後の消毒、抗生物質の投与などが不可欠です。ですから、顔の輪郭を変える手術を受ける場合には、入院が必ず必要となります。
このような手術の場合にも入院は不要としている医師もあるようですが、術後感染の危険等を考えると疑問です。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. なぜあの人は落ち込まないのか?
  2. 便秘がちなら玄米を取り入れる
  3. 肝臓に関する常識
  4. パッティングは肌に浸透させるイメージを浮かべる
  5. 男が惹かれる魔性の女の正体
  6. たるんだお腹にカツを入れる腹筋運動
  7. わずか15分の昼寝がストレスを跳ね返す
  8. 若さ=肌の美しさ

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP