美容・健康

離婚。自分を見つめ直す

理由は様々に思い及んでも、本当の理由となると、本人にも分かっていない事が多いのです。
なぜ、離婚しなければならなかったのか・・・。ということを、実は本人も理解していなかった。ありえないことのように思いますが、意外とよくある話なのです。
自ら決めた離婚を乗り越えていくためにも、自分自身の離婚には確信を抱いていたい。そのためにはまず、自分達の結婚生活がどのようなものだったのかを明確に思い返し、把握しなければなりません。そして、結婚生活を振り返る時には、自分自身の恋愛経験をも、振り返ってみる必要があります。
幼い頃から結婚に至るその日まで、どんな人を好きになり、どんな恋をしてきたのでしょう?
相手のどこに惹かれ、相手はまた、自分のどこに魅力を感じてくれていたのでしょう?
そこに、果たして積極的な情熱はあったのでしょうか?周囲に流され、なんとなく付き合っていたということはなかったでしょうか?
少し、思い返してみることをお勧めします。
人を好きになる時のクセ。
人に好かれようとするとき、基本的にどのように振る舞うのか。
好きになった人にどういう自分を見せようとしてきたのか。
どういう自分を隠そうとしてきたのか。
付き合う初めと別れる直前では、自分や相手の考え方や態度がどう変化したのか。
といった重要な事がだんだん明確になってくるからです。
恋愛期間に棚上げしていた問題が、結婚後の日常生活において次々に崩れ落ちてくる。というケースは多いのですが、相手に嫌われたくなくて、早いうちから短所を指摘できなかったという、恋愛期間特有のクセが隠されていることがあります。
自分自身のそういったクセに気づくことで、離婚の本当の理由がみえてくることがあるということが重要なのです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. あなたのバストはどんな形?
  2. 顔マッサージ
  3. 気になるけど聞けない夫婦のセックス②
  4. まつげカールを一日キープするには?
  5. シワは体の中から予防する
  6. 生理前になるとイライラしてキレやすくなる
  7. メイク落としはTゾーンから
  8. おりものっていったい何?

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP