美容・健康

自己処理脱毛

ほとんどの女性は自分でむだ毛の処理をしているでしょう。その処理方法として、剃る、抜く、溶かす、脱色があります。

【剃る】
かみそりや電気シェーバーなどで剃る方法は、痛みがなく簡単に行えます。

しかし、肌の表面の毛をなくすだけなので、すぐに生えてくるため処理回数が多くなります。

すぱっと切るわけですから、毛が断面のまま伸びてくるので、毛が太く、濃くみえてしまい、触るとチクチクするのも難点です。

また、剃刀は皮膚の角質まではがされるため、肌がガサガサになってしまい、続けていると毛穴が開いたり黒ずんだりしてきます。

上手に処理をするならジェルなどを塗布して、肌への刺激を少なくし毛の流れに逆らって剃る事です。

【抜く】
毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックスなどを使う方法です。

根毛から抜くため、処理後は一ヶ月近く生えてきませんが、難点としては、痛みを伴います。

抜く方法も、剃る方法と同様に毛穴の開きや黒ずみ、毛穴の化膿といったトラブル、また、毛が皮膚の中で成長してしまい表面に出てこなくなる事が多いといわれています。

抜いて自己処理する場合、毛の流れに沿って抜く事がポイントです。

毛の流れに逆らって抜くと、皮膚が引っ張られ、毛穴がブツブツと盛り上がってしまうので気をつけましょう。

【溶かす】
脱毛、除毛クリームで表面の毛を溶かす方法です。

根毛はそのままの状態なので毛はすぐに生えてきますが、剃る処理とは違い、伸びてくる毛先は細いので、毛が濃いく見えたり太くなったりといったことはありません。

痛みもなく、簡単に出来るうえ毛穴トラブルは少ないですが、肌の弱い人はかぶれたりかゆみを感じたりする人もいるので、できれば事前にパッチテストをしましょう。

【脱色】
むだ毛が多くない人は脱色剤で脱色し、目立たなくします。

しかし、肌が弱い人は刺激が強いので控えた方がいいでしょう。

こうした自分での脱毛とは、一時的な処理にしかすぎないので、正しい自己処理をしなければ皮膚のトラブルを起こしますので気をつけましょう。また、脱毛後は保湿剤でケアしたり外出時は日焼け止めのクリームを塗ってUVケアにも努めてください。

また、面倒くさいという人は、永久脱毛がおすすめです。

体毛は、毛乳頭で作られているため、ココを破壊すれば体毛は一生生えてこないということになります。しかし、永久脱毛というものの、すべての体毛を完璧に脱毛するのはやはり難しく、施術のあとに産毛程度はえてくる人もいます。それを気にする人もいますが、あまりにツルツルすぎてもかえって不自然なものです。あまり気にしないようにしましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. キメの整った肌になる
  2. 美しい美脚をつくる
  3. ニキビを正しくつぶす方法
  4. 脱毛が慢性化し薄毛に
  5. 急性ストレスと慢性ストレス
  6. タレ乳やハナレ乳の原因
  7. 二重あごや首のシワを防ぐ
  8. セックスに相性ってあるの?

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP