美容・健康

肥満

体に脂肪が溜まりすぎた状態を肥満といいます。
食生活の改善によって肥満防止を心がけましょう。

①一日三食を規則正しくしましょう。
だらだら食いは、肥満の原因です。また、油物や炭水化物の摂りすぎに注意。

②カロリーを意識しましょう。
一日の摂取カロリーの目安は、通常、成人女性1800キロカロリー、男性2000キロカロリーです。

③腹八分目までを心がける。
よくかんで、ゆっくりたべると食べ過ぎを予防できます。小さめも茶碗を使うなどの工夫もしましょう。

④ヘルシーな献立を。
塩分の摂りすぎに注意。炒め物の前に、下ゆでしてからすばやく炒めると、油を減量できます。

⑤夕食は、軽めに。就寝2時間前までに食事を終えるようにしましょう。
夜食は、脂肪がたまりやすいのでやめましょう。

適度な運動習慣をつけていると余分なエネルギーを消費し太りにくい体質をつくります。
一回の運動時間は、特に肥満解消を目的としているなら少なくとも15分以上は継続する必要があります。

BMI(肥満の判定指標)の値が25以上で、ウエスト周りが男性で85cm、女性で90cm以上の人は、内臓脂肪型肥満の可能性があります。ちなみに日本人では、BMIが22のときに一番病気にかかりにくいことから、25以上を肥満としています。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 性同一性障害について
  2. ファンデーションは肌の保護膜
  3. たるみが気になる
  4. シミ・クマ・クスミをカバーするメイク法
  5. くすみ解消!!透明感のある肌に
  6. 自分の魅力を開発しよう!!
  7. 脱毛が慢性化し薄毛に
  8. 成長ホルモンの驚きの効果!

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP