美容・健康

肝臓に関する常識

①肝臓とは、「沈黙の臓器」といわれており、自覚症状が出にくいのです。
例えば肝臓の一部がダメージを受けたところで、再生能力にも優れています。ですから、肝臓は3分の1残っていれば1年ほどで、元の大きさに戻ります。よって、自覚症状がないといって安心は出来ません。

②摂取したアルコールは肝臓で解毒されます。
ですがお酒が強いから肝臓も大丈夫というわけではありません。アルコールの解毒はアルコールを分解する酵素の力なので、その酵素を多く持っている人がお酒の強 い人なのです。しかし肝臓が丈夫なわけではありません。また、お酒だけでなく過食や栄養バランスの乱れなどさまざまです。偏った食生活や運動不足。さらに酸化ストレスなどの原因で脂肪肝になる傾向もあります。

③そして女性の方は多いですが、ダイエットして痩せれば体内も健康に!というのは間違いです。
極端なダイエット方法をし、栄養のバランスを崩すと低たんぱくに。空腹が続くと、肝臓が体の抹消から脂肪を取り入れるため、かえって脂肪肝の原因になります。バランスのとれた食事と適度な運動で肥満を防ぐ事が大切です。

④お酒を飲むとき、酵素の元になるたんぱく質は尚更摂取する必要があります。
ですから、飲むときは、炒め物や揚げ物といった脂っこいものより、煮物やゆでる、蒸す等の料理がおすすめです。 (例:枝豆、豆腐,納豆、ささみetc・・・)

⑤肝臓はさまざまな物質が運び込まれ、化学反応が起こり新たな物質に作り変えられます。
例えば、小腸で吸収された栄養素を体内で利用しやすいように分解、合成したり、エネルギーに変え ます。また、薬物やアルコールなどの有害な物質を無毒化したり、胆汁は、腸管での脂肪の吸収やビタミンA・D・E・K・の吸収も助け、肝臓で処理された物質を排泄します。

このように、肝臓は【人体の化学工場】とよばれるほど、重要な役割を果たしているのです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. おなかすっきり美人
  2. 赤茶け髪はパックとトリートメントで復活
  3. 歯ぐきの色をよくしたい
  4. 知らずに肌の老化を進めかねないスキンケア常識の落とし穴
  5. 洗顔とクレンジングの裏わざ
  6. 厚いまぶたを二重にするにはどんな手術がある?
  7. 血液の流れが悪いと肌が荒れる
  8. ゴワゴワ肌をプリプリ肌に戻すには

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP