美容・健康

肌荒れを起こしている時は保湿クリームだけ

肌が急に荒れだしたとき、貴女はどのようにしていますか?
対処法は人それぞれです。 化粧品を全部取り替える人、なるべく何もつけない人、逆にたくさんつける人、メイクに関しても肌荒れをしているときは一切しないという人、隠そうとべったり塗る人、紫外線は肌に悪いと、日焼け止めだけを塗る人。
どれが一番ただしいのでしょうか・・・。まず、肌荒れは水分がどんどん蒸発して、荒れる一方ですから、保湿はしっかりする必要があります。
ただし、肌にしみるものはつけないでください。
しみるということは、肌が拒絶しているからです。化粧水、乳液、クリームでいうと、一番化粧水がしみるはずです。  水っぽいもののほうがしみやすく、油分の多いもののほうが、肌への当たりが柔らかいのです。そのようなときは、化粧水を使わずに、クリーム、または乳液だけつけます。クリームでも染みる時は、ワセリンを塗るとよいでしょう。油をぬると、油焼けしてしまうと思っている人もいますが、今の肌に塗るための油は精製されているので、そのようなことはありません。
そして、紫外線対策ですが、やはり、日焼け止めクリームは荒れた肌に多少刺激があるものです。しかし、シミになっても困るので、パウダーファンデーションをつけましょう。粉おしろいでもかまいません。パウダーにはずべて紫外線を予防する作用があります。
SPF表示がないものでもです。パウダーのほうがかぶれにくいので、オススメです。もちろんパウダー類は肌を乾燥させてしまうので、下にクリームを塗らなければなりません。
帰宅したらダブル洗顔し、また保湿クリームを塗っておきます。
このように肌を休めていると、たいてい1週間ほどで、肌は落ち着いてくるはずです。
そして、少しずつ敏感肌用の化粧品を加えていきます。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 目のタイプ別 アイシャドーの入れ方
  2. 首のスペシャルケア
  3. ハイライト効果で立体的なメリハリメイク
  4. ニキビができて消えるまで
  5. よく噛むと痩せる!!
  6. ホウレイ線の悩みには
  7. 結婚にふみきれない
  8. ビキニで覆われる部分の病気に要注意

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP