美容・健康

肌の老化を速める3つの要因

季節によって女性の体の悩みはつきないものです。同じ人の肌でも、季節によって肌質は変化し、さまざまなトラブルが生じてきます。

肌の老化の3大原因は、乾燥、紫外線、血行不良といわれます。冬になって温度が低下し、空気が乾燥してくると、肌からは表皮細胞や角質の水分が奪われて、肌表面の柔軟性が失われてきます。その結果肌がカサついたり、シワができたりします。紫外線が老化を引き起こすのは、皮膚の細胞の遺伝子を傷つけるからです。これは皮膚ガンの原因にもなります。

また、コラーゲンやエラスチンを破壊して、肌の弾力性をなくしてしまうのです。破壊されたコラーゲンを回復するためには、血液が運んでくる水、酸素、ビタミンCなどかまざまなえ胃要素が必要となります。ところが、肌の血行が悪いと当然コラーゲンの再生が妨げられてしまいます。肌の若さを維持していくのは、乾燥と紫外線を防ぐこと、つまり、表皮細胞の水分を保つ事と、コラーゲンの生成を促すことが必要です。

体の内側からとりいれることができる栄養素で、肌の健康を考えてみましょう。平均42日間で入れ替わるとされる表皮細胞を、みずみずしくすこやかな状態で保つには、ビタミンB3やビタミン様物質のB15が必要です。ビタミンB3はコラーゲンの合成を高める作用があります。酵母、緑黄野菜、胚芽、ナッツ類、ひまわりの種子、玄米、黒ごま、レバー、カツオ、イワシ、サバなどの食品にふくまれています。ビタミンB15は、皮膚をはじめとする体内の組織細胞への酸素の利用を高め、組織の活性を促す作用があります。玄米、種子類、黒ごま、ナッツ類、レバーなどです。コラーゲンの生成を促すには、栄養素を十分に摂取するほか、肌のマッサージがとりわけ重要です。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 成長ホルモンの驚きの効果!
  2. 厚いまぶたを二重にするにはどんな手術がある?
  3. セックスをすると綺麗になるって本当?
  4. 荒れてしまった肌はどうやって治療すればいい?
  5. シワは体の中から予防する
  6. 高周波イオンとは殺菌作用と細胞の活性化
  7. シミ・クマ・クスミをカバーするメイク法
  8. 肌荒れを起こしている時は保湿クリームだけ

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP