美容・健康

綺麗な素肌を作る5つのワザ

うるおいのある肌にするには?
毎朝起き抜けに水を1杯飲む。うるおいのある肌は、コラーゲンの合間に水分がしっかり保たれています。ですから綺麗な肌にするには栄養と睡眠、そして水分補給がやはり大事。1日に何度も水を飲むといいのですが、特に起き抜けの1杯を飲む事で、水分が細胞に行き渡ります。

肌を綺麗に見せるには?
毎月顔そりをすると、化粧ノリが全然ちがいます。洗顔後、蒸しタオルを顔に1分ほどのせ、毛穴を開かせてから剃りましょう。化粧水や、乳液をつけるとすべりもよくなります。

肌をしっとりさせるには?
牛乳には、肌によい栄養素が含まれており、スキンケア効果も期待できます。牛乳風呂もいいですが、もっと手軽な牛乳洗顔をしましょう。まず、普通に洗顔し、水かぬるま湯ですすぎます。その後室温に戻しておいた牛乳で顔全体を優しくすすぎます。仕上げに、ぬるま湯で牛乳を洗い流すと肌がしっとりなめらかになります。

顔のテカリを抑えるには?
冷蔵庫で冷やした化粧水を使う。顔のテカリが気になるからといって、何度も洗顔したり、脂とり紙で吸い取っていれば、皮脂の分泌が余計盛んになってしまいます。テカリによる化粧崩れが気になるときは、冷蔵庫で冷やしておいた化粧水をつかいましょう。肌の温度が下がり、毛穴が縮まり、化粧崩れしにくくなります。

肌の乾燥を防ぐには?
気温が低かったり、疲れが溜まっていると、血液循環が悪くなります。すると、顔色が悪くなったり、化粧ノリが悪かったりします。そこで、蒸しタオルでホットパックし、血行を促進。ホットタオルは電子レンジで1分半ほど加熱し、それを二つ折りにし、あごの下で折り返し、鼻の部分は呼吸の為に開け、顔全体を包むようにします。パック後はすぐに化粧水や乳液などをつけましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 化粧をするときに大切な二つの意識
  2. 夫婦間のあれこれ
  3. 成長ホルモンの驚きの効果!
  4. バイアグラを使うときに注意すべきこと。
  5. 2次元メイクじゃキマらない
  6. お肌の赤みを抑えるにはビタミンC誘導体
  7. 皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~
  8. 『ピル』の効果

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP