美容・健康

簡単超デカ目にするメイク法

●目の下のライン描きで目尻を拡げる。
ビューラーを逆さに使って下まつげをカールさせます。白のアイラインを目の下全体に引きます。目尻の端から目の3分の1まで、黒のアイラインでごく細かい線を引くと、目の粘膜と同化して目の輪郭のように見えます。不自然にならないようにできるだけ外側のきわに注意深く描くことが肝心です。目尻のアイラインは上のアイラインと結びつかなくても大丈夫です。最後にビューラーで起こしたマスカラを、それこそ1本1本ずつ際立たせるように丁寧に塗りましょう。下まつげはブラシを縦にして完成。目の小さい人も相当大きく見えます。

●3段づかいビューラーでカールを倍にする。
目を大きく見せるには、まつげの存在は欠かせません。まつげの根元をはさみ、アゴを出しつつビューラーを使います。まつげを1回しかはさまないために、まつげが真ん中から不自然に折れている人がいますが、センター、毛先と3段に分けてはさんでいくと、うまくカーブします。

●目のカーブにあわせた長めのラインを描きます。
目尻から目黒まで、まつげのキワに沿って真っ直ぐのラインを細く引きます。次に横幅を長く見せる為、目黒から目尻1mmほど外側へ長く直線にスッと引きます。一度に引こうとせず、2回に分けるのが失敗しないコツです。このとき、上下のラインは絶対にくっつけないこと。横長だけでなく、縦にも大きくなります。

●目力を強めるにはリキッドライナーを丁寧に入れる。
カジュアルメイクならペンシルを使ってまつげの間を埋め込むようにラインを入れます。もっと目力を強めたいならリキッドライナーでまつげギリギリに埋め込むように細く入れます。筆ペンタイプが描きやすいでしょう。

●一重の目を印象つけたいなら、目尻にだけ派手アイカラーをつけます。
一重の人は目尻側しかアイカラーが見えないので、あえて派手で濃いカラーを入れると印象的な目になります。目尻から目頭へ3分の1ぐらいに向かって伸ばします。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 妊娠中絶はいつ頃までに判断すればいい?
  2. 想像力がボディラインを変える
  3. ビキニで覆われる部分の病気に要注意
  4. 毛穴が目立たなくなる方法
  5. シワを取るには注射治療が効果的
  6. あなたのバストはどんな形?
  7. 腸内をリセットする
  8. お肌の赤みを抑えるにはビタミンC誘導体

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP