美容・健康

知らずに肌の老化を進めかねないスキンケア常識の落とし穴

シミやソバカスがなく、イキイキとして結構がよい状態の肌を作るために、高価な化粧品や無添加の化粧品、サプリメントなどを試してみて、このうちのどれかひとつでも驚くほどの肌が実感できた!!という人は多くはないはずです。

それは、正しい洗顔や、なるべく自然に近い基礎化粧を、また、食事や運動などの健康面を施して初めて手に入るものだからです。 

肌のケアといえばまず、ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸など、最新の有効成分が入っているものなど魅力的なフレーズに惹かれ、ついついいろいろ試してしまいます。けれどもそれが逆に肌を傷めてしまうということもときにはあるのです。

例えば、肌がガサガサだからといって就寝前にクリームをたっぷりぬって寝たところ、翌朝ニキビができてしまっていた。などは、必要以上にクリームを塗ったことによる油分のとりすぎが原因。

また、ダイエットをしようと予想以上の体重減少に成功したものの、肝心の顔にはシワが表れ、老けて見えるようになった。などというのは、無理なダイエット⇒栄養失調⇒コラーゲンの破壊⇒シワとなったのです。

このように、肌のトラブルを起こす事もあるのです。確かに、最低限のお肌のお手入れに化粧品を使うことは必要です。しかし皮膚は体の一部ですから肌のお手入れを外から化粧品を使う事だけで考えるのも誤りです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 便秘がちなら玄米を取り入れる
  2. 断食を続けなくても効果は得られる
  3. 正しい洗顔方法
  4. 舞妓さんに学ぶ汗の抑え方
  5. ビキニで覆われる部分の病気に要注意
  6. 歯ぐきの色をよくしたい
  7. 『ピル』の効果
  8. 二重あごに特効!!5分間マッサージ

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP