美容・健康

汗をかかないシャワー術

シャワーの最後に冷水を浴びると、体温が下がり、半日は汗をかきません。
まず、石鹸で綺麗に体を洗い、脂を落とします。 体の脂が残っていると、熱を体に保持してしまいます。  湯の温度を少しづつさげ、冷水を浴びますが、上がり湯のように水をさっと浴びただけでは逆効果になります。
短時間浴びた冷水はかえって熱を体に封じ込めてしまいます。
体の芯まで熱を下げるためには、冷水を5~10分位ゆっくりと浴びる事がポイントです。

また、熱いお湯や冷水をいきなり浴びると皮膚が収縮し、表面の汚れが毛穴の中に取り込まれてしまうので汚れが落ちにくくなります。

浴びる順番は心臓に遠いところから浴びましょう。
体の先端からじょじょに心臓へ近いところへ浴びる事で血液の流れを助けます。
また、腹、腰回りは少し熱めのお湯を浴びます。骨盤周辺の血行がよくなり、生理痛や腰痛が和らぎます。
また、シャワーのあとは水分を補給することも忘れてはいけません。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 美の変化がずっと続く三つの秘訣
  2. 笑って健康に!
  3. 生理前になるとイライラしてキレやすくなる
  4. 切れ痔
  5. なぜあの人は落ち込まないのか?
  6. 綺麗への道は体熱のこそあり
  7. 気になるけど聞けない女体のQ&A
  8. ヘアスタイルのマメ知識

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP