美容・健康

歯ぐきの色をよくしたい

紫がかっていて、印象が悪いので、健康的なピンク色にしたいという方がいると思います。レーザー治療で簡単に処置できます。

歯ぐきの変色の原因はとしては、歯周病や、治療に使用された金属の沈着、アレルギー反応、タバコや薬剤によるもの、メラニン色素の沈着などが考えられます。歯周病の治療や、金属材料をセラミックスに変えるなどの処置をしたうえで、着色し、変色した歯ぐきの部分を除去する必要があります。

従来では、薬剤を使用したり、メスで歯肉を除去するなどしてきましたが、現在では、レーザーなどによって麻酔もほとんど必要なく、痛みもない治療を行うことが出来ます。処置後の経過も良いようです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. ママの悩み
  2. 首のスペシャルケア
  3. ニキビができてしまったら
  4. 想像力がボディラインを変える
  5. メイク落としはTゾーンから
  6. シワ
  7. 致命的なメイク崩れも即キレイ!
  8. 冷え性

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP