美容・健康

妊娠・授乳中の薬

妊娠、授乳中に飲む薬は、新生児への影響を注意しなければいけません。
しかし、薬による影響より、病気が胎児や新生児に与える影響の方が大きい場合もあるので、過剰に神経質になってしまうことは禁物です。

薬は、最終月経から28日以降、つまり4~15週までは胎児に影響あると覚えておきましょう。
また、薬を飲むことに神経質になるのはやめましょう。
また、ご存知のとうり妊娠中は、アルコール、煙草は、胎児にとって悪影響ですので、厳禁と心がけましょう。

【妊婦が薬を飲む時の注意】
妊娠中は、肝臓、賢臓の機能低下するため、薬の排泄能力が衰えるため、薬の量は少なくするのが原則です。
また、多くの薬剤は胎盤を通して胎児に移行します。
よって、胎児への催奇形性以外に胎児障害も報告されているので注意が必要です。
しかし妊娠16週以降は催奇形性の心配はありません。
また、気づかず薬を服用してしまった場合は、あまり神経質にならず、医師に相談しましょう。

授乳中に薬を飲むときは、どんな薬でも少しは母乳からでてくるので、出てくる割合と乳児に及ぼす影響の程度が問題となります。
出産後も、薬を飲むときは医師に相談しましょう。

先ほど妊娠16週以降の心配はないと伝えましたが妊娠4週~15週までは注意です。
胎児の器官形成は最終月経から28日以降よりはじまります。
受精前から妊娠3週末までに飲んだ薬の影響を受ける場合は、受精能力を失うか、受精卵であれば流産します。
しかし、第4週以降に薬を服用すると胎児に奇形を起こす可能性があります。
16週以降から分娩までは薬剤による奇形発生はないですが、薬によっては影響がある場合もあるので医師、薬剤師と相談してください。

また妊娠前の男性が使用した薬の影響を受けた精子は、受精能力を失う。
受精したとしても、その卵は着床しなかったり妊娠早期に流産して消失してしまいます。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 乾燥肌に悩んでいる人の秘密対策
  2. 肌ツヤUP顔ツボマッサージ
  3. 気になるけど聞けない夫婦のセックス②
  4. ビキニで覆われる部分の病気に要注意
  5. 昼の顔・夜の貌
  6. 1ヶ月で3キロ落ちるルール
  7. おりものっていったい何?
  8. 顔型別 シャドーとハイライトの入れ方

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP