美容・健康

妊娠していないのに乳汁がでる

生理もとまっているならホルモンの分泌異常かもしれません。出産後に離乳して生理が再開したあとにときどき乳汁がでることがありますが、出産経験もなく、出産後何年も経っていているにも関わらず乳汁がでて、さらに生理が止まっているのであれば、ホルモンの関係です。

プロラクチンというホルモンの一種で、通常は授乳中に分泌されて乳汁を作る働きがありますが、それが過剰に分泌されると体が授乳中と判断し、排卵が抑えられます。その結果、生理が遅れたり、止まってしまったりします。

また、乳腺の働きが活発なため、乳房が張ったり、乳汁が分泌されるのです。これは、だいたいの場合がストレスや過労によるもので一時的にホルモンバランスをくずしたことによるものですが、ホルモン値が相当に高いと脳下垂体の腺腫が疑われます。

頭痛や吐き気、めまいなどの症状も伴う事が多く、視野が狭くなる事も少なくはありません。腫瘍が発覚しても、ほとんどのケースで完治することができます。乳汁に血が混じっている場合は乳腺症や乳ガンが疑われるので早めの外来を受診しましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. なぜ運動が必要なのか?
  2. アイラインの引き方のコツ
  3. ストレスとうまく付き合おう
  4. 急性ストレスと慢性ストレス
  5. 『ピル』の効果
  6. 月経前のイライラしてしまう原因
  7. 便秘がまねく困ったトラブル
  8. 簡単超デカ目にするメイク法

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP