ライフ

夫の世話に疲れてきたら

夫がやらないから私がやる・・あなたはそう思っているでしょう。
しかしその反面私がやるから夫が何もしない。という場合もあります。
世話は愛情あふれる行為ですが、なんでもしてあげる事が夫にとっていいこととは限りません。
子供と同じです。なんでも母親がやることによって子供は自立できません。
依存しているのは自分のほうではないでしょうか? 余った時間とエネルギーは、自分自身に使ってください。今の状態は依存されていることが生きがいになっていませんか?
自分がなにをしたいのか、もしひとりなら何をするか考え、日常に自分の時間をつくりましょう。
趣味やいきがいを探さなくてもかまいません。息抜きになることを持てばいいのです。
毎日を楽しく過ごす事が生きる甲斐です。 といっても、人の世話や人の面倒はよいことです。全否定ではなく、それが生きがいになってしまうのは危険です。
自分が存在している事に気づくことです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. オススメ入浴美容法
  2. ナチュラルなアイラインを引くには?
  3. 夫が動いてくれる法則②
  4. メイク落としは肌への刺激が強い
  5. 血液の流れが悪いと肌が荒れる
  6. それって血液の汚れサインかも?!
  7. 塩マッサージで美肌を作る
  8. セックスレスでも愛がある夫と許せない妻

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP