美容・健康

化粧のりが悪い

女性全般の間で化粧のりが悪いという人が多いようですが、原因は明らか。
シャンプーのしすぎです。

シャンプーというのは、あくまで髪を洗うものであり、顔や身体を洗うものではありません。にもかかわらず入浴中にシャンプーをすると顔や身体にシャンプーの成分を浴びてしまいます。シャンプーの成分は、髪の毛によくても素肌にはとても危険な存在なのです。よく、『肌がかさつき、化粧のりが悪い』という声を耳にします。ある皮膚科で肌荒れに悩んだ患者さんにシャンプーに注意する事をオススメしたら、いつのまにか治っていたというケースもあるそうです。もし、肌がかさついて化粧のりがよくないのであれば、まずはシャンプーを疑ってみることです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 離婚。自分を見つめ直す
  2. 自分で作るナチュラルパック
  3. 肌荒れを起こしている時は保湿クリームだけ
  4. メイクの上手な仕上げ方
  5. シワを取るには注射治療が効果的
  6. コーヒーはガン予防にも役立つ!
  7. 生理にまつわるよくある質問
  8. お風呂の中なら、クリームの浸透性アップ

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP