ライフ

児童虐待

虐待が起こる原因としては、さまざまな問題があります。
まず、親側の問題としては、人間として未熟なまま親になってしまった場合で、虐待を起こす頻度が高いといえます。
また、親自身が子供の頃虐待を受けている場合です。虐待を受けた親は自分の子供を虐待しやすい傾向があります。また、子供を虐待する母親の約3割がうつ状態の傾向があると言われています。
その他には、相談できる人もいなく孤立した環境で育児をしていたり、親が人格障害、出産後に一定期間の母子分離があった、アルコール症、夫婦間がうまくいってない、子供が病気がち、望まない結婚、
家庭に経済的な問題などがあるのです。

※虐待の種類

身体的障害=体を傷つける。
精神的障害=無視、脅かす、罵声をあびせる・・ETC
性的虐待=みだらなことを言う、性的ないたずら、性行為をする
育児・子供の保護の放棄=食事を与えない、衣服を着替えさせない、学校へ通わせないなど・・

虐待を受けた子供は、心と体に深い傷を負います。心身ともに後遺症を残す事になります。
思春期になると、破壊的な行動や、反社会的な行動をとるようになることも少なくありません。
また、解離性障害のひとつ(多重人格)も、虐待などで受けた心の傷が原因といわれています。
虐待を断ち切るためには、速やかに児童相談所や精神科医に相談しましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 今すぐ取りたいシミはレーザー治療が効果的
  2. ダイエット中の水分は敵か味方か?
  3. 急性ストレスと慢性ストレス
  4. 血液の流れが悪いと肌が荒れる
  5. 日常生活に潜むさまざまな脱毛の原因
  6. ハイライト効果で立体的なメリハリメイク
  7. 3倍差がつく化粧水の使い方
  8. 目のタイプ別 アイシャドーの入れ方

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP