美容・健康

ファンデーションの上手な付け方

すべてのファンデーションに共通した、上手な付け方としては、少しづつ小さく伸ばす事です。
スポンジでつけるのも、手でつけるのもリキッドもパウダーも全て共通して言えることです。
スポンジで付けるタイプは厚付きにならないように手の甲に落としてから付け、
途中で足りなくなったら手の甲のファンデーションをとり、顔につけます。
手でつけるタイプは、細かくファンデーションを顔に置き、伸ばしていきましょう。
パウダーをつけるときはスーッと肌の上を滑らし、余分なパウダーはブラシで落としましょう。
よく肌にねじ込むように押さえている人がいますが、時間が経つと肌のきめにパウダーが入り込んで、 毛穴ときめを主張し始めてしまいます。

化粧直しのとき必ずしていただきたいのは、 鼻の油とりです。
目、頬、口周りが乾燥している人でも、鼻だけは別です。
鼻の油を取らないでお化粧直しをした結果が黒ずみとなるのです。
油とり紙は水分もっとってしまうと気になる方は、油とりフィルムがオススメです。
習慣づけると鼻のざらざらを結構防げますし、毛穴の汚れとりパックの回数を減らせるそうです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. まつげカールを一日キープするには?
  2. 美容整形でシワとり手術
  3. 塩マッサージで美肌を作る
  4. 綺麗な爪にする裏ワザ
  5. 生まれつき悪い歯の色を白くできる?
  6. シミ・クマ・クスミをカバーするメイク法
  7. 荒れてしまった肌はどうやって治療すればいい?
  8. 漢方には副作用がない?

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP