美容・健康

パニック障害

パニック障害とは、なんの理由も前触れもなく日常生活で突然激しい不安と恐怖に襲われ、動悸や頻脈、呼吸が苦しくなるなどの症状とともに、「このまま死んでしまうのでは・・・」「発狂してしまうのではないか・・」というような強い恐怖に襲われます。
一度発作を起こすと繰り返す事が多い病気です。
場所に関係ないのですが、初めて発作を起こした場所へ行くとまた発作を起こしてしまうのではないかと不安が酷くなり、そうした場所に行けなくなります。

【症状】

身体的症状は、動悸、頻脈、窒息感、胸痛、発汗、めまい、震え、しびれ感、全身の熱感や逆に冷たく感じる事もあります。
精神的症状としては、不安と恐怖に襲われます。
こうした症状は約10分程度をピークに少しづつ軽くなりますが、多くて1時間以内に解消します。
あまりに激しすぎると救急車を呼んで病院に運ばれることもありますが、時間とともに解消し、心電図などの異常もないため、入院する事はありません。
一度発作を起こすと、その後の発作がないにもかかわらず、その場所へ行く事を想像したり、近くに行っただけで発作が起きそうになったりします。
また、漠然とした予期不安だけで、発作症状よりもその不安自体に苦しめられる事があります。
一度発作が起きたら速やかに受診しましょう。

【周囲の対応】

気のせい、気にしすぎなどと決め付けず、パニック障害が病気であることを理解しましょう。
発作が起きたときは、「この発作では絶対死なない」ということを伝え、ゆっくり深呼吸させて、頭を低くして静かに休ませ症状が治まるのを待ちましょう。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. ベースメイクのつくり方
  2. キメの整った肌になる
  3. ママの悩み
  4. 美の変化がずっと続く三つの秘訣
  5. 妊娠していないのに乳汁がでる
  6. 笑って健康に!
  7. シワ
  8. 二重あごや首のシワを防ぐ

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP