美容・健康

シワは体の中から予防する

皮膚や筋肉、骨など、体内の全ての組織で、細胞と細胞を結び付け、その組織の強度と安定性を保つのに必要なたんぱく質がコラーゲンです。
コラーゲンの生成や働きには、ビタミンA、C、Eが必要ですが、その中でも特にビタミンCが重要です。ビタミンCはコラーゲンを作るオキシプロリンの材料となるため、不足するとコラーゲンが作られなくなります。そればかりか、コラーゲンの破壊が進み、皮膚や筋肉が緊張と弾力を失って、生気をなくしてしまうことがあります。
それだけではありません。 コラーゲンが少なくなるとシワが生じ、瞼や頬がたるみ、やがて腕や下下肢の皮膚にもたるみが生じ、唇にもふくよかさがなくなってきます。
また、ビタミンAが欠乏すると、皮膚や粘膜の乾燥と角質化が進み、いわゆる乾燥肌になります。
シワが生じるだけでなく、細菌への抵抗力も低下し、発疹や化粧疹もできやすくなります。
ビタミンEはもともと、不足すると不妊症になるということで発見されたビタミンです。
その後、末梢血管の血行をよくしたり、細胞分裂の回数を延ばすことにより、若返りと延命効果を発揮することがわかってきました。
シワのない若い肌を保つうえで、ビタミンEはとても大切なのです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 愛にのめり込む女と束縛から逃げ出す男
  2. 鼻の毛穴の角栓ケアは、ゴミだしと同じ
  3. 二重あごに特効!!5分間マッサージ
  4. 髪のウワサの真相教えます!
  5. セックスレス
  6. 顔マッサージ
  7. シワを取るには注射治療が効果的
  8. 肝臓に関する常識

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP