美容・健康

シミを消して、肌の弾力取り戻したい!!

肌の弾力は、皮下組織の状態によって決まります。

皮下組織にはコラーゲンやエラスチンが網目のように、緩やかに張り巡られています。
その網目の隙間に脂肪細胞が埋め込まれており、隙間はヒアルロンサン、コンドロイチン硫酸、ヘパラン硫酸などが水と結合したねっとりとしたゲル状の液性成分で満たされています。この液性成分によって肌の弾力は築かれています。
プラセンタには、ヒアルロンサンなどの各種液性成分と、コラーゲン、エラスチンをつくり出している線維芽細胞に働きかける成分が含まれています。
この成分の作用によって細胞の働きが高まり、十分な量の皮下組織の成分が作られるため、肌の弾力がよみがえります。

シミができるのは、紫外線などの影響によってキズがつき、細胞が突然変異を起こしてメラニン色素を大量に作り出すことです。
その周囲にある表皮細胞は、メラニン色素を細胞内に取り込んでためてしまいます。
だからその辺一帯がシミになってしまうのです。
プラセンタに含まれるある成分は、メラニン細胞の遺伝子が傷つくのを防ぐ作用と同時に、傷ついた遺伝子が異常な働きをするのを防ぐ作用を持っています。
また、プラセンタのある成分にはメラニン色素がつくられる過程で働くチロシナーゼという酵素をブロックする働きがあります。
この成分の作用によってメラニン色素の合成量は少なくなりシミは薄くなります。
ただ、すでに遺伝子に傷のついてしまったメラニン細胞を正常な状態に戻したり、死滅させる効果があるかどうかはまだ不明です。
したがってプラセンタによって、もともとの肌の色を白くしたり、シミを薄くすることはできますが、シミを完全に取り去ってしまえるかどうかはまだわかりません。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 気になるけど聞けない女体のQ&A
  2. 脂肪吸引とはどのようなものか
  3. 1ヶ月で3キロ落ちるルール
  4. 赤茶け髪はパックとトリートメントで復活
  5. バストアップ
  6. 知らずに肌の老化を進めかねないスキンケア常識の落とし穴
  7. あなたの見た目はいったい何歳?
  8. 妊娠中絶はいつ頃までに判断すればいい?

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP