美容・健康

わずか15分の昼寝がストレスを跳ね返す

眠気とは、12時間周期の体内時計で深夜と昼過ぎに訪れます。

この昼過ぎの眠気に合わせ、昼休みなどを利用して昼寝をすると、効率よく睡眠をとることができますし、脳のリフレッシュにも役立ちます。

それによってストレス解消したり、仕事の能率を高めたりする効果が得られます。

昼寝の時間は深い眠りに入る前の15分程度にするのが理想的です。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. シワ
  2. 妊娠中絶はいつ頃までに判断すればいい?
  3. 夫婦間のあれこれ
  4. 寝つきと目覚めを良くする睡眠法
  5. 気になるけど聞けない夫婦のセックス②
  6. ナチュラルなアイラインを引くには?
  7. ビキニで覆われる部分の病気に要注意
  8. ママの悩み

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP