美容・健康

お肌の赤みを抑えるにはビタミンC誘導体

小鼻の周りの赤みを気にする人がいますが、これは脂漏性皮膚炎といって誰にでも多少はできる湿疹です。小鼻の周りは皮脂分泌が盛んなので、過剰になった皮脂が空気で酸化され、刺激になって炎症を起こすのです。

この炎症は、紫外線や皮膚についた雑菌によっても悪化します。ひどくなると頬全体まで赤くなる事もあります。

対策としては、ビタミンCやBをなるべく野菜からとることと、油が多いもの、アルコール、刺激物は控えます。食事内容に気をつけない人はなかなか治りません。

スキンケアとしては、ビタミンC誘導体の化粧水がオススメです。

ビタミンCには皮脂の酸化を防止したり、炎症を抑える力があるからです。

飲むよりも直接塗るほうがずっと効果的で、誘導体型のビタミンCは肌への吸収率もいいので、一番適していると言われています。 

また、赤みを気にする人は、半身浴などは、控えた方が賢明です。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. 洗顔とクレンジングの裏わざ
  2. 乾燥肌に悩んでいる人の秘密対策
  3. 漢方には副作用がない?
  4. 生理痛
  5. 歯ぐきの色をよくしたい
  6. タレ乳やハナレ乳の原因
  7. ニキビができて消えるまで
  8. 今すぐ取りたいシミはレーザー治療が効果的

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP