美容・健康

おりものっていったい何?

さまざまな分泌液が混じり合ったものです。
おりものとは漢字をあてると【下り物】。体の中から下りてきて、女性の性器からでる分泌物です。膣粘膜から剥がれた古い細胞・子宮体部からの分泌液・外陰部のバルトリン腺・汗腺・皮脂腺からの分泌液などが混じり合っています。

健康で成熟した女性の膣前庭部はいつもおりもので潤い、乾燥や殺菌の侵入を防いでいます。

これは女性ホルモンの影響で、一種の乳酸菌が常在し、他の感染を抑えるためです。

正常なおりものとは
色は、透明か透明に近い白、またはクリーム色です。いずれも下着に付着して乾燥すると、黄色っぽくなります。チーズのような、甘酸っぱいにおいがします。また、多少粘り気があり、肌が弱い人は、おりものが酸性であることからかゆみを感じることもありますが、痛みを伴うことはありません。

おりものは個人差があり、体のリズムによっても変化する。
おりものの量は、一般的に下着に少しつく程度ですが、感じ方も人それぞれで、少しの量であっても多いと感じる人もいれば、量が多いにもかかわらず気にならない人もいます。また、同じ人であってもホルモンの分泌のサイクルによって量や形状が変化します。おりものの量が増えるのは、排卵の頃です。精子が子宮内に侵入しやすくなるよう、分泌物が増えるからです。これは、透明で糸を引くような感じのものです。月経の直前にはおりものが増えます。また、妊娠中や、性的に興奮したときにも多くなります。

おりものの変化が病気のサインになることもある。
おりもののにおいや色がおかしいという場合や、1日に何度も下着を替えなくてはいけないようであるなら婦人科の診察を受けたほうがいいでしょう。性感染症やガンなど、重大な病気の可能性もあるからです。

いつもと違う汚い色のおりものが急に増える
セックスで感染した可能性があるので、婦人科へいきましょう。セックスによってうつる性感染症【STD】は最近増えてきています。

黄色や黄緑で膿のような状態ならトリコモナス膣炎の可能性があるそうです。
おりものに細かい泡が混じり、悪臭がします。血が混じることもあり、外陰部がかゆくなることも特徴です。

黄色い膿のようなもので腹痛も伴えば、淋菌の感染が疑われます。
これは、骨盤腹膜炎になるまでははっきりしないため、重症化しやすくなります。

クラミジア感染症はこれとよく似ていますが、おりものがはっきりしないのでさらに発見がおくれがちです。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. よく噛むと痩せる!!
  2. パックの効能
  3. 厚いまぶたを二重にするにはどんな手術がある?
  4. ハイライト効果で立体的なメリハリメイク
  5. シミを消して、肌の弾力取り戻したい!!
  6. 体型の崩れを防ぐ
  7. なぜあの人は落ち込まないのか?
  8. お肌の赤みを抑えるにはビタミンC誘導体

おすすめ記事

笑って健康に!

笑いのある生活が毎日のストレスを解消する!笑いは人間関係を円滑にするコミュニケーションの…

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP