美容・健康

あなたは色黒?色白?

自分の肌質を知りたいのならまず、肌の色をみてみましょう。
肌はある程度色によって性質がちがいます。
ですからスキンケアもかわってくるので正しい肌質を知ることからはじめましょう。
色白の肌 
色白は皮膚が薄く、デリケートにできています。
白く透明感があるので外からは美しく見えますが、刺激に弱く、紫外線を受けると肌が赤くはれてしまうという難点があります。
また、皮膚が薄いため、水分保持能力が低く、肌は常に乾燥しがちです。
年をとるとシワになったりシミが目立ってきます。
紫外線や乾燥対策を中心とするスキンケアを心がけてください。
色黒の肌 
色黒は肌が厚く丈夫にできているため年をとってもシワになりにくいのが自慢です。
また、メラニンの生成が活発なため日焼けするとすぐに、色が黒くなり紫外線から肌を守ってくれます。
ただ色黒は皮脂の分泌が活発な場合が多く、テカリやメイク崩れに悩まされる傾向があります。
ニキビや吹き出物も出やすいので洗顔やクレンジングをきちんとし、毛穴を清潔に保つように心がけましょう。
中間の肌 
日本人の7割が中間色です。強い日差しに当たると、軽く肌が赤くなり、後に黒くなる肌質です。
若いうちは皮脂分泌も盛んで肌は適度に潤っていますが、20代半ばから乾燥肌へと傾く傾向があるため、水分補給を目的とした保湿ケアを万全に行ってください。

肌の色を決めるのは何? 

肌の色を左右しているのはメラニンと呼ばれる茶色い色素です。
メラニンは紫外線に当たると肌を守ろうと分泌される色素で、このメラニンの生成が活発な人ほど肌の色は濃くなります。色黒の人はメラニンが紫外線を吸収してくれるので日焼けのトラブルが少ないのですが、色白はメラニンの分泌が少ない為、日焼けすると赤くはれます。
外見は色白が美しく見えますが、強さという意味では皮膚が厚くメラニンで守られている色黒のほうが強く、肌も老化しにくいといえます。

小塚

投稿者の記事一覧

若いころに体調を崩して以来、健康には人一倍気を使って生きています。通院は生活の一部となり、そこそこのストレスを抱えて生きてます。図書館などにも通い色々調べたりもしましたが…

関連記事

  1. くせ毛を真っ直ぐな髪に
  2. たるんだお腹にカツを入れる腹筋運動
  3. 目元のシワにファンデーションのスジ
  4. 正しい洗顔方法
  5. キメの整った肌になる
  6. 砂糖の大切な働き
  7. ハーブティーにはこんな効能があります
  8. 自分で作るナチュラルパック

おすすめ記事

急性ストレスと慢性ストレス

急性ストレスとは、環境の変化などによって急に襲い掛かるストレスのこと。慢性ストレスはじわじわと数…

皮膚の悩み~イボ・わきが・水虫~

●イボいわゆる普通のイボはウイルスの感染によるものです。免疫が減退しているときによくでき、だいた…

ニキビができて消えるまで

第一ステージ肌が脂っぽくなったり、化粧崩れが激しくなってきたら要注意です。まだ実際にはニキビ…

弊社広告枠
弊社広告枠

ピックアップ記事

PAGE TOP